twitterをはじめて過去の心の病に向き合う勇気をもらいました

「何も咲かない寒い日は 下へ下へと根を伸ばせ やがて 大きな 花が咲く」

元気をもらった言葉です。

心療内科への通院、そこに至るまでの苦悩やハードルの高さなんかをツイッターでつぶやいたこと。

一人で抱え込まず、ツイッターをはじめた。

始めたころは不安をかき消すようにただ『大丈夫』を140文字

すべて「大丈夫」で埋め尽くすそんなことしてました。

恐怖に負けそうになりただただ感情を投げ捨てる

こんなことも書きましたね。。。

苦しい苦しいそんな人 誰にも言えないよね! でもここでなら吐き出していいんだよ 自分もそうだった 最初は不安、恐怖、だるさや色んなもの抱えていた。

会社だんだん辛くなってきた。

朝顔を洗っててパニック起こした。

過呼吸起こした。 無理して会社行って、 体の異常に気づかれた。

でも、誰も心の病なんて思ってくれなかった。

とりあえず脳神経外科連れていかれた。 違うってーって叫びたかった。

言えなかった。 さすがにもうやばいと思った。

心療内科予約した。

それまでは不安ばかり 心療内科ググって、 クリニックの診断テストみたいなのをやったりして、 不安が増してそれをTwitterで吐き出してた 心療内科行ってみたら安心できた。

普通のところだった 話をちゃんと聞いてくれて、親身になってくれた。

Twitterでもいろんな人が同じような悩み抱えてたり、乗り越えた人のことを知った。 ひとりじゃないよ 無理しないでね!

☺️

心療内科はほんと普通に感じてほしい。

特別なことじゃない。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *